海外での携帯レンタル

海外携帯レンタルの比較やメール機能について解説。ドコモやauなどの海外携帯レンタルについての情報です。
スポンサードリンク
  

海外携帯レンタルの比較やメール機能

ビジネスで海外出張やプライベートでの海外旅行に行くときに、旅先で携帯電話が使えるととっても便利ですよね。
しかし、日本と海外では事情が違います。
携帯のシステムが違うため、日本の携帯をそのまま持っていっても海外では使えません。

海外で携帯を使うためには携帯をレンタルするか、携帯サービス各社のローミングサービスを利用する必要があります。
ローミングサービスなら、日本で使っている携帯の番号やメールアドレスをそのまま使えるため、便利は便利なのですが、その反面デメリットもあります。

海外携帯レンタルサービスは、数種類のサービスがあり、それぞれ料金やサービス内容などの違いがあります。
海外携帯レンタルサービスにはGlobalCellular、DreamCell、Gphone、ABC、J-mobileR、mobellなどがあります。
それぞれ、レンタルプラン、割引サービス、サポート体制やデータ通信、故障や紛失時の補償などで違いがあります。
利用目的に合ったサービスを選べば、出張や旅行で滞在中の期間も携帯を使いながら快適に過ごせるのではないでしょうか。

レンタル料金とはレンタル日数に応じて課金される料金です。
通話時間に関わらず課金されるので、あまり通話をしない人と思う人は、レンタル料金が安いものを選びましょう。
一方、基本料金が比較的高いサービスは、その分通話料を安く設定したり、ほかの機能が充実しているのでヘビーユーザーにお勧めです。


海外での携帯レンタル〜ドコモやauなどのローミングサービス

海外ローミングサービスとは、海外に持っていった携帯を使い、渡航先の通話回線を携帯サービス各社が間借りをして通話できるようにしているものです。

ローミングサービスでは、通話回線を借りているだけで、その国の通話回線状況に依存している状態です。
十分なアンテナ基地が設置していないなど、きちんとした通話回線が確立されていないと利用に不便が生じる場合もあります。

そのため、ローミングサービスでは連絡を取りたいときに取れないことが起こるかもしれません。さらに、かけてもらうのに手続きが必要だったり、通話料が割高だったりといったデメリットが存在しています。


楽天で探す
楽天市場