キリスト教の葬儀

キリスト教の葬儀のマナーはどうなのでしょうか?宗派によって違いがあるのでしょうか?服装や香典、そして弔電なども仏式と違うのでしょうか?このような疑問についてまとめました。
スポンサードリンク
  

キリスト教におけるカトリックとプロテスタントの葬儀〜服装や香典のマナー

キリスト教式の葬儀といっても、宗派によっても葬儀の考え方や儀式の内容が異なりますので少しご紹介します。
カトリック式の葬儀
カトリックでは。肉体が滅びても魂は天に昇り、そして永遠の命を与えられると考えられています。
前夜祭や通夜にあたる儀式がなく、葬儀では神父がミサをあげます。遺族は、パンとぶどう酒を、参列者はパンを「聖体拝領」します。お棺には聖水をかけます。告別式では、弔電披露が行われます。
プロテスタント式の葬儀
プロテスタントでは、死ぬことは、魂が神に召されることを意味います。
仏式の通夜にあたる前夜式は賛美歌と献花を行います。
葬儀は神への祈りが中心で、告別式には賛美歌と献花を行います。
服装については、仏式と同様です。男性の服装は、ダブルでもシングルでもいいのですが、黒色のスーツが無難です。
女性の服装は、黒、グレー、濃紺など地味な色のワンピース、スーツが無難です。化粧は控えめにしたほうがよいでしょう。
ちなみに、香典の表書きは宗派を問わない「御花料」とするのが無難でしょう。キリスト教の場合、のし袋は白地で水引のないものにします。


キリスト教式葬儀の弔電

キリスト教式の葬儀の場合に気をつけないといけないことは、弔電に仏教用語を使わないことですね。
例を挙げると「焼香」「香典」「仏」などは仏教用語になるので使用しないでください。
「焼香」を「献花」「香典」を「御花料」などと言い換えたほうがいいでしょう。
また、弔電の台紙も白で統一するほうが無難です。


楽天で探す
楽天市場