葬儀屋

アニメ黒執事の中で登場してくる葬儀屋は、変人として扱われています。現実には、そんなことのない立派な仕事ですが、葬儀屋で就職や、バイトの求人はあるのでしょうか?また、葬儀屋の社員の年収やアルバイトの給料はどれくらいなのでしょうか?
スポンサードリンク
  

葬儀屋の求人

一般的に葬儀屋は、社員やアルバイト求人はあまり出さないので就職するのはむずかしいと思います。
同業者、知人、縁故関係などで社員やバイトを雇ったりすることが多いようです。
最近では、大手の葬儀屋が求人を出したりすることが多いので、興味があるかたは一度応募してみるのもいいかもしれませんね。
ちなみに、同業者から引き抜かれることも多いようです。
花屋や、料理屋、お返し物屋さんから葬儀屋に引き抜かれることがあります。これには、葬儀業界がいろいろな下請け企業に支えられているという事情があるからではないでしょうか。


葬儀屋の仕事

アニメ『黒執事』では、葬儀屋は、棺に入れる前に遺体を検死するのが趣味の変人として扱われていますが、現実は、究極のサービス業といわれるたいへん立派な仕事です。
なによりも葬儀のあと、遺族から喜ばれるたいへんやりがいのあるしごとです。
その反面、時間が不規則で、夜中起こされて仕事にいくこともあります。
また、人の人生の最期を送るという重要な仕事なので、体力と強い責任感と適切な気配りができることが必要になってきます。
このようにたいへんな仕事だから、社員の年収やアルバイトの給料がいいように思われているようですが、普通の社員やアルバイトは、それ程でもないようです。
しかし、葬儀屋業界で働く営業社員の場合は、歩合制になっていることが多く、また大手葬祭チェーンで働く成績のよい営業社員のようにデキル社員は、比較的年収が高いようです。
業界の競争が熾烈になってきていますので、今後、どうなるか分かりませんね。


楽天で探す
楽天市場