葬儀 香典

今さら聞けない香典のマナー。例えば、香典の表書きの書き方、仏式、神式、キリスト教式(カトリック、プロテスタント)でどう違うのか?香典は、通夜と葬儀どちらで渡せばいいものか?また、辞退されている場合は?また、気になる香典の相場、金額なども調べてみました。
スポンサードリンク
  

葬儀での香典の表書きの書き方

仏式、神式、キリスト教式の表書きの書き方のマナーについて、一般的なものをご紹介します。
仏式の香典の表書き
仏式の場合の表書きは「御霊前」と書くことがもっとも多いようです。
しかし、浄土真宗の場合は「御仏前」と書きますのでご注意ください。そのほかには「御香典」「御香料」と書く場合もあります。
葬儀の場合は、黒白の水引を使ってください。
神式の香典の表書き
「御玉串料」と書くことがもっとも多いようです。
その他にも「御神前」「御榊料」と書く場合もあります。
銀の水引を使用するのでご注意ください。
キリスト教の場合の表書き
カトリックやプロテスタントによって違うようですが「献花料」や「御花料」と書くと両派に通用します。ちなみに、水引は必要ありません。


葬儀での香典マナー

香典を渡すタイミングについて迷う方も多いと思いますが、通夜と告別式のどちらかに参列する場合は、参列する時でOKです。
また、両方に参列する場合は、通夜に渡すことが多いようです。
香典や供花・供物など辞退される場合は、喪家の意思を尊重しましょう。
ところで「供物・供花ご辞退」は「供物・供花は受け取りません」と言うことなので香典は必要になります。
ですから、用意だけはしておくといつでも対応できると思います。

葬儀での香典の相場

香典の目安金額
一般の会葬者  5,000円から10,000円
親族関係者  10,000円から30,000円
これは、あくまでも目安で、地方の慣習によって違いますのでご注意を!


楽天で探す
楽天市場